住宅ローンの返済方法を知っておこう

不動産

住宅ローンの返済方法を知っておこう

住宅ローンの返済方法で知られているのは、元金均等返済と元利金等返済です。
それぞれメリットとデメリットがあるので、よく考えて決めるようにしましょう。
返済方法ほかにもあります。
借入時の年齢が高い場合、返済期間が短くなってしまうわけです。
自分の子供にローンを引き継いでもらえれば、支払い期間が長く設定でき、返済負担も軽くなります。
親子ペアローンと言いますが、晩婚化が進んでいることによって、選択する人も多くなってきました。
今後は、住宅ローンの支払い方法の主流になる可能性が高いとも言われています。
また、共働きでローンを支払う家庭なら、夫名義だけでなく、妻名義のローンを組むことも検討しましょう。
夫と妻の両方で住宅ローン控除が使えるので、税金の負担を軽くすることができます。
ステップ返済もありますが、デメリットの方をよく理解しておくことが大事です。
ステップ期間終了後は、返済負担が一気に重くなるので注意しましょう。