国家資格が必要な不動産い関する仕事の種類

不動産

国家資格が必要な不動産い関する仕事の種類

仕事をする中で様々な国家資格がありますが、その中で不動産に関わる仕事も数多くあります。
不動産とは家や土地といった容易に動かすことが出来ないものをいい、所有している場所や広さなどによっても評価には違いがでてきます。
そんな不動産に携わる仕事として様々な種類があり、その中でも国家資格を受験し取得することで働ける仕事などもあります。
種類として不動産鑑定士と呼ばれる仕事があります。
主な仕事となるのが家屋だけでなく建物としてマンションなどの鑑定評価を行います。
そのほかに土地家屋調査士とよばれる仕事もあります。
主な仕事内容としては土地や建物の売買を行ったり、手続きに必要な書類作成などを持ち主に変わって代行したりします。
その他にはマンション管理士と呼ばれる仕事もあります。
主な仕事となるのがマンション自体の価値が下がらないように維持管理したり、マンション内に起こるトラブル対応などを行ったりします。
これらの仕事は全て国家資格が必要な仕事であり、受験するための条件にも違いがあります。